8月3日(水)オンライン交流会のご案内と重大ニュース


どうも、発起人の徹也です。


参議院選挙は、安部元首相の暗殺という大事件が起こり、自民党がさらに議席を伸ばすことになりました。


今までのコロナ対策をやっていた政権が続投となり、強硬な感染対策が続く可能性もありましたが、少しずつ前向きな情報が出てきています。


それは、こちらの2点。


  • コロナ感染者(PCR検査陽性者)の全数把握見直し

  • 新型コロナワクチン接種後の死亡認定


オンライン交流会のご案内と申込フォームは、最後にして、まずは、最近の重大ニュースについて共有していきたいと思います。



コロナ感染者(PCR検査陽性者)の全数把握見直し


こちら、テレ朝ニュースから引用します。


感染者の「全数把握」見直し検討 第7波の収束後念頭-テレ朝 news


 新型コロナの感染拡大が続くなか、政府は感染者の全数把握について第7波の収束後を念頭に見直すことを検討していることが分かりました。

つい昨日、7月31日(日)に発表されたニュースです。「2類から5類へ」という議論は令和3年から出ていましたが、ようやくのこと、政府が見直す考えを示しました。


5類相当になれば、患者(検査陽性者)の追跡がなくなるので、基本的に発生動向の調査だけになります。


無症状者の隔離(自宅待機)や無症状の濃厚接触者の検査など、無用なことをすることがなくなるわけですね。


感染症の範囲及び類型について- 厚生労働省

感染症の範囲及び類型について- 厚生労働省

感染症法上の指定感染症について - 厚生労働省

感染症法上の指定感染症について

5類になれば、従来のインフルエンザと同じ扱いになりますから、市民生活では症状がある人が仕事や学校を休む。


そして、患者数がテレビで報道されるぐらいになると考えられます。


2年半以上も異常な騒動を続けていたので、色んな尾ひれがつくかもしれませんが、間違いなく“ 新型コロナ ”は終息に向かうでしょう。


サル痘への措置がどのようになされるかは、中止しておく必要があると思います。


政府は、第7波が収束後を念頭に置いているようですが、早く決定してほしいところです。



新型コロナワクチン接種後死亡初の救済認定


先週(7月25日発表)のニュースですが、新型コロナワクチン接種後の死亡について、その救済措置が初めて認められました。


コロナワクチン接種後死亡で初めて「死亡一時金」を支給 厚生労働省

新型コロナワクチンを接種した後に死亡した90代の女性について、厚生労働省は接種が原因で死亡した可能性が否定できないとして、「死亡一時金」を支給することを初めて決めました。

こちらもようやくのことですが、新型コロナワクチン接種後の死亡に関して、1事例が救済認定されました。


死亡一時金として、4,420万円、葬祭料として、21万2千円が政府から支払われます。


今回認定されたケースは、91歳の女性で、「急性アレルギー反応、急性心筋梗塞」として亡くなったと診断されています。


また、基礎疾患及び既往症として、脳虚血発作、高血圧症、心肥大があったそうです。


この写真の一番上のケースです。


疾病・障害認定審査会 感染症・予防接種審査分科会 審議結果 (新型コロナワクチン分)

令和4年7月25日 疾病・障害認定審査会 感染症・予防接種審査分科会 新型コロナウイルス感染症予防接種健康被害審査部会 審議結果

接種後死亡報告の中で、届け出られていたの中のどのケースなのかは、僕も調べられていません。ファイザー製のものか、モデルナ製のものかも、こちらの資料からは分かりませんが、接種後死亡の救済認定がされたのは事実です。


予防接種の救済認定については、こちらのページに詳しく書かれているので、もし、ご家族や友人、知った方の中で接種後の異常があった場合は確認しておいてください。


予防接種健康被害救済制度について-厚生労働省


上のページに、請求から審査までの分かりやすい図が掲載されているので、転載しておきます。

予防接種健康被害救済制度について

障害認定の審査は、いつも接種後死亡者報告の件数が積みあがっている「副反応検討部会」ではなくて、「疾病・障害認定審査会 感染症・予防接種審査分科会」になります。


どういう点が、決定的で審査がされたのか、氣になりますね。


今までも、アレルギーなど即時的な反応に関しては認定されているケースがあります。


なので、もしかしたら接種直後、医師がワクチンを接種した直後に心肺停止などになられたのかもしれません。


ここは、あくまでも個人的な推測なので、今後の情報を待ちたいです。


7月8日の副反応検討部会までに、接種後死亡報告件数に上がっているのは、ファイザー製1,609件、モデルナ製160件、アストラゼネカ製1件、合計して、1,770件になります。


これらのケースの中で、どれだけの方が、救済給付の請求をしているかはわかりませんが、真実の究明と安全で公正な医療制度の確立のため、真摯に審査をしてもらいたいと思います。



救済認定についてCBCテレビの大石深堀り解説


今回の救済認定についての見解、CBCテレビの大石アナウンサーが深堀り解説してくれていました。



厳密な医学的な因果関係は調査していないとのこと。


また、Think Vaccine -ワクチンを通じて考える私たちの未来- を管理されている家田堯氏から、関連する情報をいただきましたので、以下、掲載します。


因果関係が認定された死亡例は、入浴中の急死であったことが判明


コロナワクチンとの因果関係が認定された死亡例は、入浴中の急死であったことが判明


上記の記事から引用になります。

このデータを基に、ファイザーモデルナの死亡例一覧より、VBAを用いて抽出したところ、該当する症例が1例ありました。ファイザーの死亡例で、接種1回目、当日死亡です。 データを表にまとめてみました。

詳細はリンク先をご確認ください。


こういったケースで認定されていることを広めて、世論を後押ししていくのは大切だと思います。



8月3日(水)21時からオンライン交流会


ようやくの告知ですが、市民審議会で、8月3日(水)21時からオンライン交流会を開催します。


オンライン交流会は、毎月第一水曜日の夜9時から、定期的に開催していく予定です。


こちらは、前回の様子。


こんな感じで開催しています。


オンライン意見交換会&交流会 開催概要


日 時: 2022年8月3日(水) 21時~22時(22時30分頃までルーム空けてます)

募集対象:全国の署名賛同者&市民審議会のフォロワー

募集人数:定員30名(※顔出しできる人)

方 法: ZOOM


マスクを外して出歩かれている方もチラホラ増えてきていますが、未だにマイノリティです。


電車に乗ると車両だけではなく車内に自分一人のことがありますよね。


普段話せないことも、同じ想いを持つメンバーには話せますし、何かの企画の意見交換などもできると思います。


下のボタンからお申し込みください。



閲覧数:970回1件のコメント

最新記事

すべて表示

新しい​記事が投稿されたら通知を受け取ろう!

活動にご賛同いただける方は、まずはメール会員にご登録ください。記事の更新通知や公開前の重要情報をお届けし、みなさんと共有していきたいと思っています。

letter
seal

メール会員登録フォーム

c.shingikai@pb02.ascendbywix.com(メール会員登録の確認メール)

c.shingikai@blog.ascendbywix.com(記事更新メール)

を受信できるようメール設定をお願いいたします。

メール会員へのご登録ありがとうございます。確認メールをお送りしました。
メールが届かない方は、
①迷惑メールフォルダをご確認ください。
②ブロックされている可能性もありますので、上記の[確認メール・記事更新メール]を受信できるよう設定をお願いいたします。
③ご入力されたメールアドレスが間違っている可能性がありますので、お手数ですが再度フォーム送信をお願いいたします。
④それでも確認メールが届かない場合は、お手数ですが c.shingikai@gmail.com までお知らせください。手動でリストに登録させていただきます。