赤磐市「子どもたちの未来を守るための請願」本会議で賛成多数で可決


朗報です。


当会からも、ご協力をお願いした赤磐市議会への請願についての賛同署名の件で、動きがありました。



岡山県赤磐市の市民団体「子どもたちの未来を守ろう」有志の会が、赤磐市議会に提出した「子どもたちの未来を守るための請願」。


昨日6月29日(水)の赤磐市議会本会議で、賛成多数で可決されました。


請願者からのご報告とお礼


請願された正田早苗さんから、署名にご協力された方へのご報告とお礼のメッセージをいただいていますので、共有しますね。


(以下)


岡山県赤磐市議会に提出した「請願書」- 子どもたちの未来を守るための請願 - が、6月29日の本会議にて可決されました。


賛成討論を3名の議員が読み上げた後に、採決に入りました。


8対8の同数となり(議員1名が棄権)、議長採決にて議長が賛成して、可決されました。


(実は、これは誰もが予想外の 展開でした!ミラクルでした!)


オンライン署名と直筆署名合わせて総数3869名(内 赤磐市民398名)の賛同が得られ、当日の朝、議長に手渡しました。


添付した用紙に「この署名を市長と教育長にもご覧いただけますように、議長からのご配慮をよろしくお願い申し上げます」


と、書き添えていることをお伝えしたところ、議長は快諾してくださり、早速に市長にお見せしている様子でした。


全国各地の皆さま、急なお願いにもかかわらず、オンラインにて署名ご協力をいただきましたことを

心から篤く御礼申し上げます。


本当にありがとうございました。


私たち市民ができることは小さなことですが、「大河の流れも一滴の雫から」といいます。


今回の赤磐市民の取り組みが、各市町村の好事例となり、市民からの「子どもたちの未来を守ろう」との当たり前の声が、行政や教育機関に届いていきますように心から願います。


また、今回の可決は通過点であり、議会の採択を市長はじめ行政や教育委員会がどのように受け止め、動いてくださるのかを議員や市民が見届けていく責任があります。


政治は特別なことではなく、私たち市民の生活、特に子育て中の保護者にとってはとても身近な存在であること、私たち自身が自分たちのこととして主体的に考えなければ、これから先を生きていく子どもたちに健やかな社会を残せないことを地域の皆様と語り合い、知恵を出し合った貴重な時間を過ごしました。


これからも、一人でも多くの方々が、各地でそうした時間が持てますようにと願います。

 

私一人では到底辿り着けないところまでくることができましたのは、同じ志を持つ友人、議員、医師、保護者、地域の皆さま、そして全国各地からの署名のご支援があったからです。


たくさんの愛と勇気と励ましをいただきました。


本当に本当にありがとうございました。


これからさらに暑い日が続きます。


皆さまどうぞご自愛なさって、お元気にお過ごしくださいませ。


伝えきれない感謝の気持ちを込めて


2022年6月30日    正田早苗



以上、請願を提出された正田早苗さんからのお礼とメッセージでした。


赤磐市の「子どもたちの未来を守るための請願」にご賛同いただいた皆様、どうもありがとうございます。


赤磐市は今後どのように動くのか?


赤磐市議会で賛成多数で可決された。


「子どもたちの未来を守るための請願」の趣旨を掲載しておきます。


子どもたちの未来を守るための請願内容


【 請願事項 】


1.「赤磐医師会」が「5歳から11歳の子どもへのワクチン接種において、まだ有効性や有益性については不明確な段階であり、また、小児にとっては看過し得ないような副反応や後遺症の報告が散見している。保護者の方々は様々な情報をご確認されて接種の判断をしていただくようお願いしたい」と表明していることを受け止めて、5歳から11歳の子どもへのワクチン接種券一律送付を中止して、保護者から市への申請方式に変更してください。


2.保育園、幼稚園、小・中学校の学校生活における児童、生徒、教職員のマスク着用を推奨せず、マスクの自由化、マスク着用の有無での差別意識を持たせない保育、教育の実践を促してください。


全文は、下のリンクからPDFで読めます。


岡山県赤磐市「子どもたちの未来を守るための請願」


請願が可決された後、どうなるのか?


赤磐市議会で賛成多数で可決されたので、今度は、その議会の動きを受けて、市長が判断し、市役所や教育委員会など、行政の中での指示が出る、というのが、スムーズな動きになります。


ただ、請願が可決されたとしても、市長からの指示もなく行政が動かないというケースもその他の市議会の様子を見ているとうかがえます。


市民からの請願を、市議の過半数が賛同して可決されたという事は、それは市の方針として何らかの動きを起こす必要が有ると思います。


もし、まったく芳しい動きが見受けられなければ、議会を軽視していることになりますし、日本の政治システムである民主主義の根幹を無視することにもつながります。


全国的に、真夏日が続く中、未だに登下校中にマスクをつけている子が大半です。赤い顔をしてランドセルを背負っている子どもたちが、周りに気兼ねせずマスクを外して大きく息をすることができるようになる。


早く、動いていただきたいですね。


請願が可決された後の、赤磐市の動きは今後も注目していきたいですね。


参院選立候補者からの回答追加


参院選も中盤に入りました。6月30日現在、全国の候補者からアンケートが17件返ってきております。


ご協力いただいた候補者の皆様、アンケートの依頼状を送っていただいた皆様、どうもありがとうございます。


下のリンクから、回答をご覧いただけます。


・第26回参議院選挙立候補者アンケート回答一覧(6/30日)


ぜひ、ご覧ください。


それでは、今後ともよろしくお願いいたします。




閲覧数:476回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しい​記事が投稿されたら通知を受け取ろう!

活動にご賛同いただける方は、まずはメール会員にご登録ください。記事の更新通知や公開前の重要情報をお届けし、みなさんと共有していきたいと思っています。

letter
seal

メール会員登録フォーム

c.shingikai@pb02.ascendbywix.com(メール会員登録の確認メール)

c.shingikai@blog.ascendbywix.com(記事更新メール)

を受信できるようメール設定をお願いいたします。

メール会員へのご登録ありがとうございます。確認メールをお送りしました。
メールが届かない方は、
①迷惑メールフォルダをご確認ください。
②ブロックされている可能性もありますので、上記の[確認メール・記事更新メール]を受信できるよう設定をお願いいたします。
③ご入力されたメールアドレスが間違っている可能性がありますので、お手数ですが再度フォーム送信をお願いいたします。
④それでも確認メールが届かない場合は、お手数ですが c.shingikai@gmail.com までお知らせください。手動でリストに登録させていただきます。