2月27日(日)岡山市民会館「記録映像ワクチン後遺症」上映会&有志の医師によるアフタートーク

先日の2月12日のシンポジウムが終わって、残務処理をしている中なのですが、居ても立っても居られず、開催を決めました。


ワクチン後遺症で苦しんでいる人がいることを知って欲しい


というのも、5歳~11歳の子どもたちへのコロナワクチン接種が前倒しされるような話が出ているからです。


厚労省が、明日21日(月)には、子ども用ワクチンを各自治体に発送する旨が発表され、自治体の中には、すでに接種券を送付しているところもあるようです。


先日、2月18日のワクチン分科会では、1474名の接種後死亡報告件数が上がっていますが、大手メディアで取り上げられることがありません。重篤な状態になっている人は、6,433名に上っています。


10代の接種後死亡者も6名になり、最近は、ワクチン2回接種済みの10代男性がコロナ感染後DIC(播種性血管内凝固症候群)で亡くなってもいます。


<新型コロナ>10代死亡…2回接種の男子学生、基礎疾患なし 急変後、搬送に2時間かかる 死因はDIC


メディアでは、コロナで亡くなったようにとれる形で報じられていて、ワクチン接種による血栓症の影響である可能性については伏せられています。


こんな状況で、幼い子どもたちへの接種が始まる。親が子どもの接種について選択を迫られる状況です。


本当に1人でも多くの親御さんに、コロナワクチンの実態、現在の日本の実情について知っておいて欲しい。


少なくとも、CBCテレビで報道されている内容は全員が知っておくべき情報でしょう。再生ボタンを押すと、12歳未満の接種について話しているところから再生されます。


その氣持ちから、無茶苦茶なスケジュールなんですが、27日の上映会開催を決めました。


また、先日のシンポジウムのあと、岡山県内でも医師たちが立ち上がり、岡山有志医師の会が発足されました。facebookページには、すでに2,000人のフォロワーがいて、中国地方の医師たちが集まりつつあります。


・中四国有志医師の会 facebookページ


そういう流れを後押しするためにも、今回のイベントをきっかけに、中四国からコロナ対策、コロナワクチンについて疑問視している医師、医療者に集まってもらいたいと考えています。


2月27日(日)岡山市民会館上映会&アフタートーク

【開催情報】

日時:2月27日(日)13時~17時(12時30分開場)

場所:岡山市民会館

住所:〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2丁目1-1

地図:https://goo.gl/maps/QfnjMENSBoAWmA6w7

定員:200名

参加費:1,500円、ペア割(2名以上のお申込み)1,000円

※キャンセルポリシー:前日までは、お申込みのキャンセルを受け付けますが、イベント当日以降のキャンセルは受付できません。ご了承ください。


【タイムスケジュール】

・12時30分 開場

・13時00分 上映開始

・15時00分 上映終了 休憩

・15時15分 有志の医師によるアフタートーク

・17時00分 終了



シェア・拡散にご協力いただければ助かります。皆さん、よろしくお願いします!

閲覧数:1,879回1件のコメント

新しい​記事が投稿されたら通知を受け取ろう!

活動にご賛同いただける方は、まずはメール会員にご登録ください。記事の更新通知や公開前の重要情報をお届けし、みなさんと共有していきたいと思っています。

letter
seal

メール会員登録フォーム

c.shingikai@pb02.ascendbywix.com(メール会員登録の確認メール)

c.shingikai@blog.ascendbywix.com(記事更新メール)

を受信できるようメール設定をお願いいたします。

メール会員へのご登録ありがとうございます。確認メールをお送りしました。
メールが届かない方は、
①迷惑メールフォルダをご確認ください。
②ブロックされている可能性もありますので、上記の[確認メール・記事更新メール]を受信できるよう設定をお願いいたします。
③ご入力されたメールアドレスが間違っている可能性がありますので、お手数ですが再度フォーム送信をお願いいたします。
④それでも確認メールが届かない場合は、お手数ですが c.shingikai@gmail.com までお知らせください。手動でリストに登録させていただきます。