第49回衆院選、岡山選挙区立候補の皆様からコロナに関する公開質問状へのご回答


どうも発起人の徹也です。

今、10月28日(木)17時にこの経過報告を書いています。

選挙期間真っ只中ですが、投票日が迫ってきました。

先週、公示の翌日に岡山選挙区の立候補者の皆様にコロナ関連の政策や考えなどの質問をまとめた公開質問状を送付していました。

・10月18日経過報告 岡山県の選挙区から立候補される皆様へ公開質問状をお送りします。

29日(金)で残り3日になりますので、現在ご返信いただいている5名の候補者の方からのご返信を掲載しておきます。

28日(木)17時時点で、ご回答いただいているのは、

・岡山1区 原田ケンスケ 様(立憲民主党)

・岡山1区 余江ゆきお様(日本共産党)

・岡山3区 尾崎ひろ子 様(日本共産党)

・岡山4区 中川智晴 様(無所属)

・岡山5区 みいみ芳明 様(日本共産党)

の、皆様になります。

FAXでご返信いただいており、文字がかすれて読みにくい部分もあります。

テキストでも補足しておきます。

・岡山1区 原田ケンスケ様 立憲民主党


1.ワクチンパスポート

その他

接種をできない人や受けない人が差別的な扱いをされる等の懸念があるので、当面、海外渡航用に限る。


2.感染対策 

その他

つぎはぎだらけで混乱している感染対策の体制と権限を、総理直轄で官房長官が担当する司令塔へと直ちに再編し、集約して対策を統一的に行う。 


3.医療体制

その他

今後の感染状況、ワクチン対策等の状況、対処薬の開発等の経過に応じて柔軟に対応していく、国民の命と暮らしを守るのが最優先。


4.子どもの生活

その他

子どもたちが安心安全に学べるために、乳幼児健診や各種予防接種の継続、経済的困窮による教育の機会が奪われないような資金支援をしていく、何よりも親の感染防止が大切。


5.子どもの生活

賛成


賛成だが、誰でもすぐに受けられるPCR検査体制の確立をめざす。



6.子どものメンタルヘルス

考えはない

今後はよく考えていきたいと思います。


7.新型コロナワクチン

その他

検証結果を待ちたいと思います。


8.新型コロナワクチン

その他

現段階では判断できません。


9.子どもへのコロナワクチン

その他

慎重に経過をみていきたいと考えます。


10.ワクチン差別

考えがある

ガイドラインの制定や周知、啓発、相談体制の整備に取り組む

非接種者の差別を禁止する条例の制定を進める。




===========================

・岡山1区 余江ゆきお様 日本共産党


1、ワクチンパスポート

その他

海外渡航用のワクチンパスポートは相手国の意向があることから、導入はやむお得ないと考えます。また政府が検討している「ワクチンパッケージ」については、ワクチンを打てない人等への差別、検査体制の不足、ブレークスルー感染、マイナンバーカード作成による弊害などの懸念があることから賛成できません。


2、感染対策

反対

検査体制が不十分で大幅に拡充する必要があると考えます。またコロナ禍の影響で困窮したり、仕事が行き詰まった方への補償支援がまともに行われておらず、それらの充実が感染対策としても重要です。


3、医療体制

その他

第四波、五波で医療崩壊がおきたのは、医療、公衆衛生を切り捨ててきた政治に責任があります。日本共産党は感染病病床や救命救急病床に対する補助金を倍にするなど医療体制の拡充する政策をあげています。

五類にすることについては、自宅療養が原則になる、医療機関を探すことや費用の負担が発生する。患者の保護、追跡をやめることでの感染爆発などの懸念があります。


4、子どもの生活

その他

学校や保育園での集団感染により肺炎にかかる。重い後遺症を患うなどの事例が報告されています。マスクや手洗いなど基本的対策は重要だと考えます。発汗機能が未熟な低学年の児童については、体育の際には外すなど柔軟な対応が必要だと思います。


5、子どもの生活

賛成

抗原検査キットは軽い症状がある人に用いるものとして学校に配布されており、現場で安全に使用できる方法など、国が具体的に使用方法を示す必要があると考えます。他にも自主的な大規模検査が学校でおこなえるよう、国が補助するべきと考えます。


6、子どものメンタルヘルス

考えがある

●教員かスタッフの増員と少人数学級の加速

●過度な競争を強いる教育ではなく、行事なども重視したり、オ ンライン授業が選択できるなど、柔軟な対応

●科学的な感染対策

●子どもの居場所づくりか相談体制の構築などの公的支援


7、新型コロナワクチン

その他

現在、日本で接種されているワクチンは発症予防、重症化予防の効果が確認されています。命を守る手段として、希望する人が受けられるべきものと考えます。また、安全性や有効性については徹底した情報公開と検証が重要だと思います。


8、新型コロナワクチン

その他

日本共産党として、現状では検証部会の判断を覆す根拠を持っていません。しかし現行の評価制度では十分ではなく、被接種者本人のよる通報システムなど他国の制度を参考に、検証する仕組みを充実させ、有害事象が発生した際の補償救済について対象を拡大する必要があると考えています。


9、子どもへのコロナワクチン

その他

4で述べたように肺炎や重い後遺症の事例が増えている中、本人の意思を尊重することを原則に進められるべきと考えます。


10、ワクチン差別

考えがある

接種はあくまでも個人の自由な意思によっておこなわれるべきで、接種の有無で差別が起きることは許せません。法制度上でも強制できるものにはなっておらず、違反するような事例か、事実上の強制になるような事例には、行政は厳しく対処すべきと考えます。





===========================

岡山3区 尾崎ひろ子様 日本共産党



1、ワクチンパスポート

その他

海外渡航用のワクチンパスポートは相手国の意向もあり、導入はやむを得ない、国内で検討されているワクチン検査パッケージは未接種者への差別やブレークスルー感染の存在、ワクチン接種システムの不備や、マイナンバーカード活用による弊害など問題が多いため反対。


2、感染対策

反対

日本の感染対策では、検査体制の拡充がまったく足りていない。国難に陥っている生活や営業への補償や支援の充実が必要であり、自粛と補償はセットでおこなうべき。


3、医療体制

その他

今の状況で「五類」に指定し、コロナ患者を原則自宅療養とし、医療機関を見つけるのも、治療費の負担も自己責任にすることは賛成できない。切り捨ててきた医療体制や公衆衛生のたて直しが必要と考えます。


4、子どもの生活

その他

学校や保育園などでも集団感染が起こっており、肺炎や重い後遺症の事例も急増したことから、マスクや手洗いなどの基本的防衛策は重要。また体温が下がりにくい低学年児童などに対しては、外遊びや体育の際にはマスクを外すなどの対応が必要。


5、子どもの生活

賛成

学校現場で無理なく安全に使用できるよう、使用方法の明示が必要。



6、子どものメンタルヘルス

考えがある

●手厚い教育(教職員の増員、少人数学級)

●柔軟な教育(勉強で追いたてず、行事も重視、オンライン授業が選択できる)

●過度な対応でない科学的な感染対策

●居場所や相談できる場を増やすなどの公的支援


7、新型コロナワクチン

その他

日本で現在、接種されているワクチンは発症や重症化を防ぐ効果が確認されていることから、希望者が安全かつ迅速に受けられるようにすべき。安全性や有効性について、死亡事例も含め徹底した情報公開と検証が必要と考えます。


8、新型コロナワクチン

その他

日本共産党としては、現状では、検証部会の判断を覆す根拠を持っていません。ただ、現在の評価制度では不十分であり、アメリカのVAERSなど他国の制度を参考に検証の仕組みを充実させる、有害事象が発生した際の補償救済について対象を拡大することが求められていると考えます。


9、子どもへのコロナワクチン

その他

肺炎や重い後遺症の事例も急増したことから、本人の意思によるという原則のもと、進められるべきと考えます。11歳以下の接種が承認されることも想定されるが、本人や保護者の意思、リスク評価、まずは大人から子どもへの感染対策を徹底するなどが優先されるべきと考えます。


10、ワクチン差別

考えがある

ワクチン接種はひとりひとりの自由な意思のもとでおこなわれるべき。制度上でも学級や雇用主が強制することはできないことになっているが、事実上の強制がおこらないよう、行政からの指導を強く行う必要があると考えます。





===========================

・岡山4区 中川智晴様 無所属 


1ワクチンパスポート

反対

税金の無駄遣い 財政の事を全く考えていない。こんなものは必要ない。



2感染対策 

反対

コロナが終息するまでマスクの着用とソーシャルディスタンスの徹底が必要、違反者に対しては警察の反則金を適用して50万くらいとって徹底さす。わかっていると思うが、一人の時、ソーシャルディスタンスをとっての演説等は着用する必要はない。人体に悪影響をおよぼすかもしれない。


3 医療体制

反対

2を徹底すれば、たぶん終息すると思うのでそこまでは必要ないと思います。


4 子どもの生活

賛成

新型コロナだけでなくコロナもワクチンを打っているからといって感染しないという保証はないので、常時マスク着用によるリスクよりも高いので2で言ったとうりコロナが終息するまではマスクの着用を徹底しないと終息しない。


5 子どもの生活

反対

税金の無駄使い、財政を全く考えていない。2を徹底し、発熱等症状が出たと本人が申し出たらすみやかに措置ができる様 病院と連絡をとっておき、日頃から子供達に新型コロナウィルスの症状を話しておき子供が気づく事を徹底しておけば、キット等は必要ない。


6 子どものメンタルヘルス

その他

子供の自殺は新型コロナウィルスとは関係ないと思います。マンガ、テレビの悪影響が原因、政治家の責任だ。もっと明るい、元気で健康的な番組を放送すべきだ。今でも子供の頃見た鉄人28号とか、サイボーグ009等 鮮明に残っている。


7 新型コロナワクチン

その他

2を徹底し ワクチン接種はリスクがあるので、本人の自由だ。


8 新型コロナワクチン

その他

感謝すべきだ。ワクチンを開発してくれただけで。


9 子供へのコロナワクチン

2の徹底でワクチン接種はリスクがあるので自由だ。


10 ワクチン差別

その他

厚生労働省は正しい。国をなんとこころえているか。差別してはならない、ただし、悪意で、人に感染を広めるようなふとどき者は、死刑にしろ(このぐらいの厳罰という意味です)それぐらい本気で2を徹底すれば終息すると思う。私はマスク徹底で終息すると思う。ワクチンを開発してくださった方々や病院の先生がたに感謝の意を表して、回答の意図することもくんでいただきたい。






===========================

・岡山5区 みいみ(美見)芳明様 日本共産党


1、ワクチンパスポート

その他

海外渡航用のワクチンパスポートは、相手国の意向があり、導入はやむを得ないと考えます。

同時に政府が検討している「ワクチン検査パッケージ」は打てない人等への差別のけねんや、検査結果を「陰性証明」に使うとしながら、その検査体制が大幅に不足していること、ブレークスルー感染、VRSの不備、マイナンバーカードの活用の弊害など多くの問題があり、賛成できない。


2、感染対策

反対

コロナ病床の確保をいいながら急性期病床の削減を推進、国難に陥っている暮らしと営業へのまともな補償、支援がないなど、大きな問題があります。

欧州でも変異株の拡大に応じて防護策の再強化を図ったり、ワクチンの3回目接種を決めるなど、感染状況に応じた対策が打たれており、日本でも6波に備えた政策の転換が求められるの考えます。


3、医療体制

その他

「社会保障抑制」の名で医療、公衆衛生を切り捨てる政治により、第4波、5波で各地の医療崩壊が起こりました。

そんな事態を繰り返さないため、医療体制の抜本的な拡充が必要です。

なお、現在の状況下で、コロナ感染症を5類にし、原則自宅療養とし、医療機関を探すのも、費用の負担もすべて患者の「自己責任」とすることには賛成できません。

感染者の保護、追跡をやめることで、新たな感染爆発を招くことも懸念されます。


4、子どもの生活

その他

変異株の拡大で、学校や保育園で集団感染が起こり、子どもたちが肺炎にかかったり、軽症で済んだ後も後遺症を患ったりする事例が急増しており、マスク、手洗いなど基本的な防護対策は引き続き重要と考えます。

ただ、状態の急変が起きやすい低学年のマスク着用では、外遊びや体育の際には外すよう徹底するなど対策が必要です。


5、子どもの生活

賛成

キットは軽い症状のある人に用いるために学校で配布されており、現場で無理なく活用できる使い方を国が具体的に示すなど、改善と普及を進めることを求めています。

同時に、学校で自主的検査を大規模、無料で行えるよう国が補助することを提案しています。


6、子どものメンタルヘルス

考えがある

子どもたちのストレスは長期化し、事態は深刻です。

私たちは

①手厚い教育=子どもをケアする教職員、スタッフの増員と少人数学級の加速

②柔軟な教育=勉強が追いたてず。行事や遊びを重視し、オンラインも出席扱いにする

③過度な対応ではない科学的な感染対策

④子どもの居場所、相談ができる場をふやす公的支援などに取り組みます。


7、新型コロナワクチン

その他

現在日本で接種に用いられているワクチンは、発症予防、重症化予防の効果が確認されており、コロナから命を守る有効な手段として、希望する人が安全、迅速に受けられるべきと考えます。ワクチンの安全性、有効性について徹底した情報公開を求め、不断の検証を求めていく、というのが重要であると考えています。


8、新型コロナワクチン

その他

現状では、ワクチンと死因とが結びつく事例は今のところ見つかっていないという検証部会の判断を覆す根拠を、日本共産党として持っていません。

ただ、医師からの「副反応疑い報告」にもとづく、現行の評価制度を十分とは考えておらず、米国のVAERSなど他国の制度にも学びながら、検証する仕組みを充実させる必要があると考えます。また補償、救済については、対象の拡大が求めらると思います。


9、子どもへのコロナワクチン

その他

「4」で述べたように、肺炎を発症したり、重い後遺症にかかる事例が増えています。ワクチン接種は本人の意思によるという原則を守りながら、希望者への安全、迅速な接種が進められるべきと考えます。11歳以下の接種が承認されることがあり得ますが、本人、保護者の意思表示の問題、リスク評価などの議論抜きに進めるべきではないと考えます。


10、ワクチン差別

考えがある

ワクチン接種はあくまでも個人の自由意思にもとづいて行われるべきで、接種の有無による「差別」はあってはなりません。そうした法制度の趣旨が徹底されるよう、行政からの指導を強め、違反する事例には厳しく対処し、事実上の強制が行われることがないよう、政府として取り組むべきだと考えます。

===========================




また、他の候補者の皆様からご返信あれば、このページに追記していきます。

10月28日(木)17時28分

よろしくお願いします。





--------------------------------------------------------------------

元記事 [オンライン署名VOICE]

【子どもへの新型コロナワクチン接種の停止を求める署名】

https://voice.charity/events/112/

--------------------------------------------------------------------