新型コロナワクチン、長期の副反応の可能性について


おはようございます、

発起人の徹也です。

本日のご署名は、


61,260名です。

着実に伸び続けています。

どうもありがとうございます。

昨日お伝えした、10代男性の死亡の件。

基礎疾患があり、重症化リスクも複数あったということですが、PCR陽性に基づくコロナ死亡として計上されています。

これについては、2020年6月に厚生労働省からPCR陽性であれば、他の死因を問わず新型コロナによる死亡として一度計上するように通達が出ています。

そのため、社会的にはコロナ死として認知されてしまうんです。

感染症の診断として信頼性が担保できないPCR検査による弊害ですね。

これについて、理解をしている人を一人でも多く増やすことが大切だと思います。

基本の「キ」ですね。

PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない


今回、基礎疾患のある10代男性の死亡が出たことで、基礎疾患持ちの子どもたちを優先接種の対象になるようにメディアが世論を動かしていく可能性もあります。

また、優先接種の対象にしなくても、子どもたちにどんどん接種を勧めていくかもしれません。

そもそも、新型コロナで子どもたちが重症化リスクが低いのは言うまでもないことですが、ニュース報道を見る親御さんの氣持ちを考えておきたいところです。

朝から、恐怖をあおるニュースを見ていれば、自分の子どもにも打たせないと、、、、と思っても不思議はありません。ずっとテレビを情報源としていれば、それが自然だとも思います。

・コロナは怖い

・ワクチンは大丈夫

という考え方になり得るので、その2つを再考してもらうには、どうしたら良いか?

・コロナは風邪の1種

・ワクチンは危険性がある

具体的にいえば、

・健康な人はコロナは重症化しにくい

・ワクチンの副反応のリスクが大きい

というところでしょうか?

この事実にどうやって氣付いてもらうかが勝負です。

昨日、荒川央先生のnoteで、新型コロナワクチンと狂牛病(クロイツフェルト・ヤコブ病)のリスクについて書かれてました。

シェアしておきます。

これは、ワクチンの副反応のリスクが大きいことを訴える情報になりますね。

スパイクタンパクとプリオンモチーフ: マサチューセッツ工科大学 (MIT) の総説論文から


やはりスパイクタンパク質の危険性が高そうです。

不透明なリスクを無視して押せ押せ、打て打ての状況ですね。

冷静に判断できる人を増やしていきましょう。





--------------------------------------------------------------------

元記事 [オンライン署名VOICE]

【子どもへの新型コロナワクチン接種の停止を求める署名】

https://voice.charity/events/112/

--------------------------------------------------------------------


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しい​記事が投稿されたら通知を受け取ろう!

活動にご賛同いただける方は、まずはメール会員にご登録ください。記事の更新通知や公開前の重要情報をお届けし、みなさんと共有していきたいと思っています。

letter
seal

メール会員登録フォーム

c.shingikai@pb02.ascendbywix.com(メール会員登録の確認メール)

c.shingikai@blog.ascendbywix.com(記事更新メール)

を受信できるようメール設定をお願いいたします。

メール会員へのご登録ありがとうございます。確認メールをお送りしました。
メールが届かない方は、
①迷惑メールフォルダをご確認ください。
②ブロックされている可能性もありますので、上記の[確認メール・記事更新メール]を受信できるよう設定をお願いいたします。
③ご入力されたメールアドレスが間違っている可能性がありますので、お手数ですが再度フォーム送信をお願いいたします。
④それでも確認メールが届かない場合は、お手数ですが c.shingikai@gmail.com までお知らせください。手動でリストに登録させていただきます。